武蔵野市三鷹市の外壁塗装ナビTOP » ここだけおさえる -外壁塗装のキホン- » 外壁塗装業者選び「ここも見て」ポイント

外壁塗装業者選び「ここも見て」ポイント

このページでは、外壁塗装業者を選ぶ際に重視したいポイントをまとめています。

価格や保証内容だけで決めて大丈夫?外壁塗装業者選びのコツ

外壁塗装業者を選ぶ時、まず気になるのは費用ですが「なるべく安く仕上げたい」と考えるのは人情ですが、あまり費用だけにとらわれてしまうのは、危険。一括見積サイトなどで最安業者を選んでしまうと「安かろう、悪かろう」の仕上がりを招き、1年も持たずにすぐに再塗装といった場合もあるのです。

また保証についても、内容をよく確認しておかないと、期待するほどの実務を提供してもらえません。業者選びの際は、値段や保証だけでなく、以下の2点にも留意してください。

塗料の質

塗料にはウレタン、シリコン、フッ素、光触媒、無機などの種類があり、対候性や耐用年数にも違いがあります。業者の言いなりにならないためにも、依頼者自身が知識を深めておく必要あり!

質の高い塗装を実現するために、どういった耐用年数の長い塗料を取り扱っているのかについても業者を選ぶポイントです。

スタッフの質

いくら塗料が良くても、スタッフの質が悪ければ、満足度の高い塗装は実現しません。一括見積もりサイトや大手からの下請けはマージンがかかる分、どこかでコストをおさえる必要があり、それが下地処理の工程などに影響が出ることもあります。それら従業員や工程へのこだわり、有資格者の有無なども併せて確認してください。

外壁塗装の品質・仕上がりの良さってどこで決まるの?

先述の通り、外壁塗装の品質・耐用年数は、塗料とそれを正しく取り扱えるスタッフ・職人の技術が期待できる最長の耐用年数が実現できます。

その塗料については現在多くの種類が存在しており、それぞれの目的に合った塗料を選ぶことが可能です。

ウレタンや現在主流のシリコンなどの塗料は普及から20年以上の時間が経過しており、すでに古いものとなってきています。近年新たに一般的になってきた塗料の方が、より高品質な外壁塗装を実現すると考えて、間違いないでしょう。高級塗料も相場が下がりつつあり、コストパフォーマンスも悪くありません。

特に高耐候・高耐久で注目なのは、以下の塗料です。

フッ素 耐用年数は15~20年。非常に耐久性が高く、外観も劣化しにくい。価格はお高め。
光触媒 耐用年数15~20年。高耐候・高耐久塗料のひとつで、太陽光で汚れを分解する自浄機能あり。遮熱効果も高くなっている。
無機 耐用年数20~25年。ここ数年普及し始めている塗料。紫外線劣化しない無機物を含んでいるため、対候性が非常に高い。

上記の塗料は、古いタイプの塗料に比べ値段が高くなりますが、その分耐用年数が違います。安く済ませて10年以内に塗り直しか、長い目で見てどちらがおトクなのか、よく考える必要があります。

また「塗装前に高圧洗浄で汚れをよく落としておく」、「ひび割れなどの傷みを補修する」などは、より良い外壁塗装に必要不可欠な工程です。これらの下地処理を誠実に行ってくれる業者を選ぶことが、満足度の高い外壁塗装を実現するカギとなります。

外壁塗装業者一括見積サイトの本当にあった失敗談

外壁塗装業者の情報をインターネットで探していると、依頼者の条件を入力するだけで、複数業者の見積もりが取れる「一括見積サイト」に出合うことがあります。このサービスは一見便利なのですが、実は落とし穴があるのです。

それは「中間マージンの発生」です。

サイトは業者情報をタダで掲載しているわけではありません。サイト経由で契約が発生した場合、業者から手数料を徴収しているのです。中にはその金額が法外なケースも…。そうなると少しでも利益を上げるため、手抜き施工に走る業者も現れてきます。

以下に一例を見ていきましょう。

格安なのは良かったが、なんと1年で!!

  • 「一括見積サイトで最安値の業者に外壁塗装を依頼しました。でも大失敗…。どんな塗料でも5年はもつはずなのに、たった1年で剥がれや膨らみが目立つようになってきたんです。また別の会社に依頼しなければならないと思うと、本当に憂鬱です」

このようなケースには、以下のような理由が考えられます。

コストカットのために、塗料を薄めて使っている。

各塗料メーカーが指定している1m2あたりの使用量を下回るほど希釈しているため、すぐ劣化してしまう。

塗布を長持ちさせるための下地処理の工程と人件費をカットしているため、劣化してしまう。

このような手抜き工事では、すぐ不具合が出ても、不思議はありません。

見積もり内容がわかりづらくて結局高額に…

  • 「一括見積サイトで依頼した業者に追加費用を請求され、結構なお値段に…。
    予想外の出費で、リフォームの予定が狂ってしまいました」

このような結果を招く理由には、以下が考えられます。

「塗装以外に、追加の作業が発生してしまいました」などの理由を付けられ、追加費用を徴収されてしまう。

提示された見積もりが「一式」となっており、どこからどこまでが含まれているのか、明確にわからない。そのため、追加費用を徴収されても文句が言いにくい。

見積もり以上の金額を追徴されないようにするには、まず「追加費用は発生しませんね?」と確認を。その際「どのようなケースには、追加費用が発生するのか」まで、しつこく追求するようにして下さい。

また外壁塗装の前には、現地調査が行われます。後になって「このような傷があったので、追加費用が必要でした」と言われないよう必ず同席し、劣化の現状を共有して下さい。

サポートしてもらえると思ったら…そういえば保証書もらってない!

  • 「塗装前に『保証付き』と言われたので安心していたのに、3年後に塗装剥がれで連絡したら『保証など付けていませんよ』とシラを切られたんです。考えてみると口約束だけで、保証書は受け取っていませんでした…」

外壁塗装には塗料メーカー保証と、施工業者保証の2種類があります。とは言えメーカー保証は、あまり頼りになりません。まず認定店による施工でない限り、適用されることはありません。また塗膜剥がれの原因を、一種類の塗料のみに求めることは、全国でよほど多くのケースでも発生しない限り、難しいでしょう。

次に施工店保証。「口約束だけ」は、悪質業者の典型的な手口ですので、必ず書面を用意してもらわなくてはなりません。また内容もしっかりチェックを。

  • 何年の保証か?
  • 保証内容は(剥がれ、膨れ、変色など)?
  • 保証部分は(外壁だけでなく、木部、鉄部は含まれるか)?

上記の保証内容を、なるべく良心的に満たそうと努力している業者は信用できます。

外壁塗装の業者選びで失敗しないために

いかがでしょうか?費用や見せかけの保証だけを優先し、一括見積サイトで業者を選んでしまうと、後悔の残る外壁塗装になってしまうことが、おわかりいただけたのではないかと思います。

業者選びの際は、費用だけでなく塗料の選択肢やスタッフの質にも、よく目を光らせるようにして下さい。

特におすすめなのは、地域密着型のサービスを提供している業者。地元に根付いている分、信用第一で誠実な作業を行っていますので、安心感は高めです。

また極端に安いということはなく、適正価格で依頼を受けているので、費用面でも納得できるでしょう。

失敗しないキレイ長持ちの武蔵野市・三鷹市の外壁塗装業はココ!

失敗しないキレイ長持ちの武蔵野市・三鷹市の外壁塗装業はココ!

外壁塗装のカラーシミュレーション

Copyright (C)ここに頼めばキレイ長持ち 外壁塗装ガイド - 武蔵野市・三鷹市エリア - All Rights Reserved.