武蔵野市三鷹市の外壁塗装ナビTOP » ここだけおさえる -外壁塗装のキホン- » 外壁塗装で火災保険が使える場合がある

外壁塗装で火災保険が使える場合がある

外壁塗装で火災保険が使える場合があります。外壁塗装には80万~数百万円する場合もあり家計に大きな負担となるのではないでしょうか。もし火災保険が適用できれば費用が少なく済みます。しかし幾つかのチェック項目があります。

チェックポイント1 火災保険に加入しているか

当然火災保険に加入していなければ適用はされません。

チェックポイント2 加入している火災保険の保険適用範囲に「風災」は含まれているか

加入している火災保険に「風災」が含まれているかどうかは保険の約款を見るとわかります。AIU保険、あいおいニッセイ同和損保、朝日火災、エース損害保険、共栄火災、損保ジャパン、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上の火災保険には「風災」が含まれていました。加入している保険の約款かあるいは各保険会社のホームページでも確認できますので確認しましょう。

チェックポイント3 保険会社が派遣する外壁診断士に「風災」認定を受ける

外壁塗装を火災保険で行なうには保険会社から要請された外壁診断士から「風災」と認められなければなりません。

「風災」とは?

「風災」とは聞きなれない言葉かもしれませんが、読んで字のごとく風によって起こった災害を指しています。ですから下記のような場合は「風災」の認定を受ける可能性があります。

  • 強風や竜巻によって外壁や屋根が壊れた
  • 台風で物が飛んできて外壁を傷つけた
  • 吹雪によって屋根が壊れた
  • しかし次のような場合は「風災」の認定を受けるのは難しいでしょう。
  • 外壁塗装後の経年劣化で塗装がはげ、カビやサビが出てきた
  • 塗装技術の不足や手抜き工事で塗装がはげてきた

保険会社に連絡する前に塗装業者選び

火災保険が適用できるか知りたいと思っても、すぐに保険会社に連絡しないでください。保険会社から派遣された外壁診断士は、元をたどると保険会社からお金を得ていますので「風災」が認められづらい現状があります。

そこで、外壁塗装を施行してもらう業者を先に選ぶのです。塗装業者を選ぶ際は火災保険の適用を多く行なってきたかを重要視してください。保険を適用されるには知識やノウハウが必要ですので、どこの塗装業者にするかで火災保険が適用される可能性に大きな差が出てきます。

塗装業者に連絡した時に、火災保険で塗装工事を行なってきた実績を聞いてみましょう。聞きづらいかもしれませんが、見積もりまで話が進んでしまうと断りづらくなる方もいます。できるなら火災保険を適用させたく、火災保険を多く適用してきた塗装業者を探していることを伝えましょう。

塗装業者は見積もりの段階で、塗装する建物を鑑定し火災保険が適用できるか相談に応じている場合も多いです。見積もりをとってもらう時に火災保険の適用は可能かどうか確認してもらいましょう。

「風災」が起きた日を特定しなくていいの?

「風災」は3年以内に保険会社に申請する必要があります。しかし「強い台風から3年以上経った」とか、「強い風の日を覚えていない」とあきらめないでください。「風災」は強い風によって起きた災害です。3年間強い風が外壁塗装を予定している建物の周りで全く起きなかったということは考えにくいです。塗装業者は気象庁のホームページからでも「風災」の申請に必要な情報を集めます。まずは相談してみましょう。

費用があまりかからない外壁塗装を行なう場合は火災保険は適用されない

火災保険によっては20万円以上の工事に適用されるという条件があります。外壁塗装を行なうとなれば、多くの場合80万~数百万円かかります。ですからあまり気にする必要はありませんが、頭の片隅に入れておきましょう。

外壁塗装のカラーシミュレーション

Copyright (C)ここに頼めばキレイ長持ち 外壁塗装ガイド - 武蔵野市・三鷹市エリア - All Rights Reserved.