武蔵野市三鷹市の外壁塗装ナビTOP » ここだけおさえる -外壁塗装のキホン- » 外壁塗装の塗料の種類を知っておく

外壁塗装の塗料の種類を知っておく

このページでは、外壁塗装に用いられる塗料について、調査しています。

外壁塗装の塗料選びのポイント

外壁塗装の仕上がりを左右するのは、塗料です。さまざまな種類があるため「どれを選べば良いのだろう…」と迷ってしまう人は、以下の点に留意してください。

費用 最新塗料はそれだけ費用も高くなります。しかし、安価で古いタイプの塗料に比べ耐久年数は伸びているので、長い目で見てコストパフォーマンスを考えることも、大切です。
耐候性 家屋の立地条件や方角により、塗料の耐久度には大きな差が出てきます。業者とよく相談のうえ、自分の家にはどの程度の耐候性は必要なのか把握しておくと良いでしょう。
機能 近年は遮熱性や防カビ性、低汚染性などの機能を備えた塗料が登場しています。塗装前後で室内環境に大きな差が出ますので、家の外側だけでなく、内側にも配慮したうえで塗料を選ぶと良いでしょう。

代表的な塗料を比較

種類/耐久年数 単価(m2) 特徴
アクリル
5~7年
1,400~1,600円 約20年前の主流で、現在はあまり使われていない。
ウレタン
8~10年
1,700~2,200円 柔らかく細部の塗装に適すが、耐久年数が低い。
シリコン
10~15年
2,300~3,000円 費用対効果のバランスが良い。
ラジカル
12~15年
2,500~3,000円 高緻密無機シールド層を備え、塗膜の劣化に強い。
フッ素
15~20年
3,800~4,800円 ラジカル以下の塗料に比べ耐久性が高く、外観も劣化しにくい。
光触媒
15~20年
4,200~5,000円 近年登場したばかりの最新塗料のひとつで、太陽光で汚れを分解する自浄機能あり。遮熱効果も高くなっている。
無機
20~25年
4,500~5,500円 近年登場したばかりの最新塗料のひとつ。紫外線劣化しない無機物を含んでいるため、耐候性が非常に高い。

建物の存在と歩みを共にしてきた国内の塗料の歴史は古く、漆からペンキへと進化し、昭和初期には、すでに耐酸塗料などが開発されています。

現代の塗装に使用されているリーズナブルな塗料・アクリル、ウレタン、シリコンは1980~90年代、すでに登場していました。なかでもシリコンは現在でも、最も人気が高い塗料です。

単価が3,000円台後半になる塗料は「次世代型」と呼ばれ、単なる塗装を超えた、さまざまな機能を備えています。近年はまだオフィスビルの塗装などに用いられることが多いものの、その耐久度の高さに注目した一般家庭からも、依頼が増え続けています。

無機塗料は奇跡の塗料

次世代型塗料の中で、最も注目に値するのが無機塗料です。無機・有機ハイブリッド塗料とも言われています。

人工の有機物にはない耐候性を備えた「無機物」が塗料原料に配合されているため、有機塗料に比べると耐候性は非常に高くなっています。

外壁劣化の原因となるカビや藻、色褪せやチョーキングの原因は、すべて有機物にあります。無機塗料は有機物の割合が低いため、耐久性も非常に高いのです。

さらに無機物は親水性が高く、光触媒塗料同様、雨水で汚れを浮かび上がらせ、洗い流す自浄作用があります。つまり、現行の塗料のメリットを、すべて兼ね備えた「奇跡の塗料」と呼ぶことができるのです。

以前は無機塗料は高価でしたが、最近普及している無機ハイブリッド塗料は価格もお手頃になり、性能も耐候性に加えて柔軟性も兼ね備えているため、コストパフォーマンスはかなり優秀と言えるでしょう。

外壁塗装の塗料を選ぶ際は、ぜひ無機ハイブリッド塗料を検討してみてください。

断熱・遮熱塗料って本当に効果ある?

さて、代表的な塗料をその特徴とともにいくつか紹介してきましたが、外壁塗料で使用される塗料には、さらに断熱塗料と遮熱量の2種類が存在しています。断熱塗料とは、外壁や屋根から紫外線による熱が伝わるのを防ぐことで、室内温度の上昇を防ぐ効果が確認されている塗料です。断熱塗料は夏場の室温上昇だけでなく、室内の温度を外へ逃がしにくいため、冬場の室温低下を緩和する役割もあります。

遮熱塗料は紫外線を反射させることで室温の上昇を防ぐ効果があります。紫外線を直接反射しますので、屋根や外壁に熱がこもることはありませんので、表面温度の上昇は大きく抑えられます。室温に対する影響は色によって効果に違いが現れてしまい、より室温上昇を抑えるためには白色系塗料を選ばなくてはいけません。さらに、赤外線を反射させるために、光沢感のある仕上がりになるので落ち着いたシックな印象にはなりにくいといわれています。

断熱塗料も遮熱塗料もどちらも室温上昇を防ぐ役割がありますが、断熱塗料のほうが効果が高く色による効果の違いがありませんので、遮熱塗料よりも優れた面が多いです。しかし、断熱塗料は費用が高くなりやすく、塗布する量も断熱材に比べると薄くなります。そのため、エアコンが不要になるほどの劇的な変化はなく、あくまでも断熱塗料を使わない場合よりも涼しい、という程度だともいわれています。もし、費用や色合いによる選択肢に問題がないのならば、遮熱塗料で塗布してみて一度様子を見てみるのが良いかもしれません。

また、遮熱塗料や断熱塗料を使用することで、夏場のエアコンの設定温度をより高くしても快適に過ごすことが可能です。つまり、エコ効果が期待できるためエコリフォームの一環として自治体から助成金が受け取れる可能性があるのです。ただし、自治体によって助成金があるかどうかが異なりますので、必ず外壁塗装を行う前に助成金制度があるのかをきちんと確かめておきましょう。

外壁塗装による助成金を受け取るためには、まず住んでいる自治体が助成金制度を行っているかを確認し、工事前に申請を行います。その後、助成金が受け取れるかどうかの決定通知が送られてきますので、この地域を受け取ってから工事を行います。そして、工事が完了した後に報告書を提出し、改めて自治体による住宅の確認を経て助成金が受給されます。

このときに注意が必要なのが、助成金の給付が決定する前に工事を行ってしまうと、もし助成金が給付されない場合に費用を全額負担しなければならなくなります。さらに、申請内容には使用する塗料や塗布する面積など細かい情報 まで記入しなければならず、申請書と違った塗装工事を行うと助成金が給付されなくなってしまいます。

ですので、信頼できる施工業者を選ばなくてはいけません。優れた施工業者の場合、こちらが知らなくても外壁塗装に対する助成金制度を知っており、かつ申請手続きの代理まで行ってくれることがあります。加えて、申請から決定通知が送付されるまでに数ヶ月の時間を要することがあるため、すぐに工事を始めることができません。このような場合でも、実際に塗装工事も決定通知書が届いてから工事を行うよう日程を調節してくれますので、こちらの要望なく勝手に工事が始まることもなく、こうした面からも大きなメリットがあるのです。

外壁塗装は費用が高額になるだけでなく、ベランダに出られないなど窮屈な制限が設けられるため精神的な負担も大きくなります。外壁塗装の仕上がりや助成金制度の手続代行など、業者選びに力を入れるだけで塗装工事が本当に成功するかが大きく変化します。約10年に1度の外壁塗装を悔いなく終わらせるためにも、実績があり信頼できる業者へ依頼しましょう。

アレルギーでも外壁塗装はできる?

基本的にアレルギーがあったとしても外壁塗装を行うことは可能です。

油性塗料の中にシックハウス症候群などのアレルギーを引き起こす化学物質が含まれていることは事実ですが、どうしてもアレルギーが出てしまう場合などは、人体に優しい無機塗料などを使用することで対策を講じることができます。

以下で詳しく解説いたします。

シックハウス症候群の大きな原因は外壁塗装に含まれる油性塗料

塗装に関係するアレルギー症状の代表はシックハウス症候群でしょう。

シックハウス症候群とは、化学成分を始めとした室内空気汚染に対するアレルギー反応であり、鼻水・のどの乾燥・吐き気・頭痛・湿疹などの症状が現れます。[注1]

原因や症状は人によってさまざまですが、特に外壁塗装で用いられる油性塗料の中に含まれているホルムアルデヒド、トルエン、キシレンといった揮発性有機化合物を吸引すると、反応してしまう人が多いようです。

中には、雑菌・ダニなどの害虫生物やタバコなどの煙によって症状が現れる人もいます。[注1]

※参考元:[注1]厚生労働省(生活環境におけるシックハウス対策)

ホルムアルデヒドは毒性の強い有機化合物

シックハウス症候群を引き起こす原因の一つとして知られているホルムアルデヒドは有機化合物の一種であり、毒性の強いアルデヒドです。

メタノールや酸化メチレンと呼ばれることもあります。

ホルムアルデヒドを吸い込むと粘膜が大きく刺激を受け、目や呼吸器系の炎症、皮膚の硬化やひび割れ等を引き起こします。[注2]

WHOの研究では発がん性があるとの警告もあり、高い濃度のホルムアルデヒドを吸い込むと人体に大きな影響が及ぶことが分かります。[注2]

※参考元:[注2]環境省([37]ホルムアルデヒド)

屋外塗装の場合はアレルギーへの影響はない

シックハウス症候群などのアレルギー反応を引き起こす可能性のある塗装作業ですが、基本的に屋外塗装の場合は問題がないと考えていいでしょう。

厚生労働省、国土交通省、文部科学省、環境省、経済産業省、などが塗装業に関係する人の健康を考慮して、揮発性有機化合物の室内環境濃度基準を設けて規制していますが、これらは屋内に限られています。

つまり、屋外では揮発性有機化合物が大気中に拡散されるので、健康上の問題はないと考えられているのです。

シックハウス症候群の対策は十分な換気と無機塗料

塗装を行うにあたって、アレルギーやシックハウス症候群を予防するためには十分な換気を行いながら塗装をすることが大切です。

前述のように、基本的に外壁塗装を行なう分には十分な換気が行われていますから、人体への影響はほとんどないと言ってもいいでしょう。

室内の場合は、塗装中や塗装が終わった後もできるだけ窓やドアを開放し、しっかりと空気を入れ替えることが大切です。

また最近では外壁塗装に水性無機塗料を使用することもできます。水性塗料は油性塗料に比べると耐久性が劣ると考えられていましたが、研究が進み油性塗料に劣らない無機塗料も開発されました。

無機塗料ならば有機化合物の揮発はほとんどないため、アレルギーやシックハウス症候群の心配がある方におすすめの塗料です。

どうしても油性塗料で外壁塗装をしたい場合は低VOC塗料を使って塗装をすることもできます。

VOCとは揮発性有機化合物のことを指しており、アレルギーやシックハウス症候群の原因になる物質です。

キレイ長持ちにこだわる、武蔵野市、三鷹市エリアの外壁塗装業者3選はここ

キレイ長持ちにこだわる、武蔵野市、三鷹市エリアの外壁塗装業者3選はここ

外壁塗装のカラーシミュレーション

Copyright (C)ここに頼めばキレイ長持ち 外壁塗装ガイド - 武蔵野市・三鷹市エリア - All Rights Reserved.