武蔵野市三鷹市の外壁塗装ナビTOP » ここだけおさえる -外壁塗装のキホン- » 外壁塗装しないとどうなる?塗り替え時期は?

外壁塗装しないとどうなる?塗り替え時期は?

このページでは、外壁塗装の必要性や、塗り替えの時期について調査しています。

外壁塗装の塗り替え時期

外壁は、新築から8~10年で劣化を迎えると言われます。

直接的な原因は、自然現象。紫外線は色褪せを招きますが、それよりも深刻なのが風雨の影響です。長年曝されていれば、外壁が剥がれてしまうのも止むを得ません。

外壁塗装をしないでいると何が起きるか

外壁の剥がれを放置しておくと、やがてひび割れへと進行し、下地が露出するようになってしまいます。この部分が風雨に曝されると、被害は家屋の土台や基礎部分にまで進行していきます。

また塗装が当初兼ね備えていた防水効果も、経年劣化で薄れていきます。すると壁自体が湿気を帯びたり、乾燥したりと、外気に大きく左右されるようになり、次第には歪んでいきます。ひび割れなどの劣化は、こうした歪みがかなり進行している証なのですから、怖いですね。

こんなサインに要注意

「ウチの外壁は大丈夫かなぁ…?」、そんな風に心配になったら、一度外に出てチェックしてみましょう。以下のようなサインが出ていたら、要注意。すぐに外壁塗装を検討する必要がありそうです。

チョーキング 外壁塗装の塗膜が劣化し、表面に粉上の吹き出しが表れている状態。風雨や紫外線などの影響でダメージが蓄積され、かなり消耗しています。また防水性も低下中。このような外壁を指で触ると、チョークのような白い粉が付きます。
クラック(ひび割れ) 文字通り、外壁にできたひび割れを指します。素人目にはひび割れの浅さ、深さの区別はつきにくいのですが、中には塗膜の深部にまで達しているひび割れも…。下地が危険にさらされている可能性があります。
カビ、藻、コケ 新築時の塗装から年月を経ることで、塗料が含む有機物がカビや藻の餌になってしまいます。海辺などに建てられた家屋は、これらの被害が現れやすくなっています。また外壁の防水性が低下することで汚染物質なども付着しやすくなるため、注意が必要。これらを放置しておくと、外壁の汚れがひどく目立つようになるほか、住人の健康に悪影響が及ぶ可能性もあります。

「新築から810年」を目安に外壁をチェックし、危険信号が点灯していたら、すぐに塗装を検討するようにして下さい。

防水機能が低下すると家はどうなる?

上記のような状態が見られるということは、外壁そのものの防水機能が低下しているということです。防水機能が低下するとさらに、侵食が激しくなっていきます。特に三鷹市は雨が多い地域ですから、問題は深刻です。

防水シートの劣化し、シロアリが住み始める

モルタルやコンクリートの下に防水シートが仕込まれているからといって安心はできません。防水シートも年月とともに劣化していきますし、外壁にヒビが入り、防水機能が低下していくと、さらに水が侵入し始めると、劣化が早まります。防水シートの下には、家を支えている大切な鉄骨や木があります。鉄骨や木は、水に濡れなければ何十年も保てる素材ですが、水により劣化していきます。鉄骨は錆びてしまいます。そして基礎になる部分が湿気を帯びてもろくなっていくと、シロアリが住みやすい環境ができてしまいます。

シロアリは、木材だけではなく、場合によってはコンクリートやプラスチックまで食べてしまい、住居はどんどん劣化していきます。家を守るためにシロアリ駆除を業者に頼むことになりますが、シロアリ駆除はかなり危険で体にも良くないようです。国民生活センターの公式ページによると、※1シロアリ駆除をした家庭のうち、18.3%は健康面で被害にあっているそうです。被害者は住居に滞在する時間が長い女性が特に多く、被害者の約8割が女性です。できればシロアリが住まないようにしたいですね。

断熱材の劣化にもつながる

防水シートが劣化していくとその下に設置している断熱材の劣化にも繋がります。断熱材は劣化してしまうと、リフォームがかなり高額になるため、防水シートが劣化してしまわないうちにリフォームを考える必要があります。

もしもそのまま放置し、断熱材が劣化してしまったら、断熱材の意味がなくなってしまいます。家を建てる時に断熱材を入れたのは、冷暖房費を倹約するためだったのに、効果がなくなると光熱費にも影響が出てきます。また、断熱性能の低い家は、健康にも影響が出てしまいます。断熱材の効果がない家は、暖房をしている部屋としていない部屋の温度差が激しく※2「ヒートショック」が起きる可能性が増えます。

ヒートショックというのは、激しい温度差のために、血圧に影響があり体調に悪影響を与えることです。そのようなことが起きないように、再度断熱材を入れ直したいと思うと、かなりコストがかかります。2階建て住宅で延べ床面積120.08平米の場合、※2外壁だけで、約106万円かかります。

地震や台風の時に危険が!

防水シートの劣化により、土台である鉄骨や木がもろくなっていき、その上、シロアリが住み始めると、地震や台風などで簡単に壊れてしまう状態になります。もっと劣化が進めば、住んでいるだけでも危ない状態になってしまいます。

ここまでくるとリフォームだけでは難しくなり、建て替えをしなくてはならない状態です。そうなると、まず解体工事が必要になります。解体工事は、150万円以上かかり、その上、新築に2,000万円近く必要になってきます。ですから、外壁塗装を倹約しても、結局倹約にはならないのです。

【参考】

キレイ長持ちにこだわる、武蔵野市、三鷹市エリアの外壁塗装業者3選はここ

キレイ長持ちにこだわる、武蔵野市、三鷹市エリアの外壁塗装業者3選はここ

外壁塗装のカラーシミュレーション

Copyright (C)ここに頼めばキレイ長持ち 外壁塗装ガイド - 武蔵野市・三鷹市エリア - All Rights Reserved.