武蔵野市三鷹市の外壁塗装ナビTOP » 賢い人は知っている 外壁塗装の色決め・色選び » 色の見え方、○○でこんなに違う

色の見え方、○○でこんなに違う

このページでは、外壁塗装の「色の見え方」について調べています。

知っておくべき!外壁塗装の「色の見え方」

劣化の目立つ外壁を塗装し、気分一新!そんな時は、色選びにも気合が入ります。しかし、サンプルを見ている時と、実際に塗装された時では、色の見え方にも差が出てきます。以下の点に留意するようにしましょう。

面積による違い

「今回は、なるべく明るい色に!」、そんなつもりで塗料を選び、実際の塗装を行うと、必要以上にギラギラと明るく見えて、周囲の景観から浮き上がってしまうことがあります。

こうした失敗は、塗装面の面積によるところが大きくなっています。広い面積を塗料で塗り潰すと、明るい場合でも暗い場合でも、色の印象が強くなりすぎてしまうのです。

業者と相談しながら、塗装面の面積によっては色のトーンを一段階調整する配慮を忘れないようにしましょう。

天候により生じる印象の差

同じ塗料で仕上げても、晴れの日と曇りの日では、色の見え方が大きく異なるもの。また同じ1日の中でも、時間帯によって色の見え方は変わってきます。

天候の悪い日を基準にすると、明るすぎる外壁になってしまいますので、「晴れた日の日中」をデフォルトに設定して色選びを行えば、ちょうど良い納まりとなるでしょう。

【お天気別】外壁塗装カラーシミュレーションで試してみる

ツヤのある/なし

外壁塗装用の塗料には、ツヤのある塗料とツヤ消しの2種類があります。ツヤのある塗料はピカピカに仕上がるので「塗り替えた」という実感を、自他ともに得やすくなります。程度にもよりますが、控えめなツヤを持つ塗料なら、高級感も出るでしょう。

対してツヤ消しの塗料は、塗り替えの印象こそ控えめですが、その分自然で落ち着いた雰囲気を生み出します。

どちらを選ぶかによって、家屋全体の印象も大きく変わりますので、よく検討を。

外壁材にも留意を

塗装面がフラットな場合、塗料本来の色味が反映されやすくなるので、イメージ通りの仕上がりが得られるでしょう。

しかし外壁材に模様や凹凸がある場合、色味が濃く出やすくなります。業者と相談しながら、外壁材に合う塗料を検討することも大切です。

望みの色を叶える、武蔵野市、三鷹市エリアの外壁塗装業者をみる

望みの色を叶える、武蔵野市、三鷹市エリアの外壁塗装業者をみる

外壁塗装のカラーシミュレーション

Copyright (C)ここに頼めばキレイ長持ち 外壁塗装ガイド - 武蔵野市・三鷹市エリア - All Rights Reserved.