武蔵野市三鷹市の外壁塗装ナビTOP » 賢い人は知っている 外壁塗装の色決め・色選び » 色見本だけを当てにしない

色見本だけを当てにしない

このページでは、外壁塗装を検討する際に出合う、色見本について調査しています。

外壁塗装の色見本の見方・注意点

外壁塗装の塗料を選ぶ際、気になるのは色。実際の塗装に先立ち、まずは色見本でチェックをすることになります。

色見本の種類

日本塗料工業会の色見本 同会が販売している全ての色に関して、サンプルを確認できる色見本。中には外壁塗装に向かない塗料の色見本も含まれるので、業者と話し合いながら確認していきます。
塗料メーカーの色見本 塗料カタログに掲載されています。一般的な印刷物とは体裁が異なり、時間経過とともに色褪せる再現サンプルなので、参考にしやすくなっています。

色見本のメリットは、簡単に塗料の色をイメージできることにありますが、同様にデメリットもあります。以下に留意しながら色見本を参考にしていくことが、大切です。

大きめの色見本こそ参考になる

色表示の小さなボックスがズラリと並んだ見本を見て、塗装の色を指定してしまうと、実際の仕上がりに不満が生じる場合があります。

色には「面積効果」があり、明るい色は大きい(広い)ほど薄く、暗い色は小さい(狭い)ほど濃く見えます。このため小さな色見本では、実際の仕上がりをイメージしにくいのです。

候補となる色を絞り込んだら、最低でもA4サイズの大きさにまで引き伸ばし、色味を確認できれば理想的です。

塗料メーカーからA4サイズの「試し塗り板」を取り寄せることは可能ですが、1週間以上の時間がかかりますので、色選びは余裕をもって行うことが大切です。

周囲の明るさによって見本の見え方も変化する

色見本の面積により、濃淡の認識に誤差が生じてしまうことを上記で紹介しましたが、色見本を見る際、周囲の明るさによっても認識の誤差が生まれやすいので、要注意。特に室内の蛍光灯の下などで色見本を見て、最終的な判断を下してしまうと、仕上がりに不満が生じやすくなります。

外壁は文字通りに家の外側にあるものですから、自然光で判断するのが一番。基準を「晴れた日の日中」とし、実際の壁面に置いてみるなどして確認するのがおすすめです。

望みの色を叶える、キレイにこだわる武蔵野市、三鷹市エリアの外壁塗装業者3選

望みの色を叶える、キレイにこだわる武蔵野市、三鷹市エリアの外壁塗装業者3選

外壁塗装のカラーシミュレーション

Copyright (C)ここに頼めばキレイ長持ち 外壁塗装ガイド - 武蔵野市・三鷹市エリア - All Rights Reserved.